ライティング・スローガン(5) ゲームライターのキャリアパスって何だ?

Facebookのゲームライターコミュニティにて、松井ムネタツさんによる「今日から、ゲームライターになる方法!【前編】<ゲームライターはいくら稼げる?>」という記事が紹介され、話題になっています。私もとても気になる話題です。
 
私はずっと前に「ゲームライターになるな」というブログを書いて、今もその考えは大きく変わりません。ただ、いま加筆修正するなら、「将来性がない」ことをより強調します。

続きを読む

報道は正しいが、全てを伝えない。人々が求める報道は、自分に都合がいい内容である。

報道の大前提は「事実を伝える」ですから、意図的であれ誤解であれ間違いはいけません。事実と異なる報道を見て怒るのは当然です。しかし報道に対して「すべてを伝えていない」、「情報が足りない」という怒りは理不尽です。

続きを読む

後輩を真の意味で教育する手法

後輩と言っても、私の約10年のサラリーマン人生において後輩ができたことなどほぼないのですが、編集者時代には新人ライターを教育するということがよくありました。そりゃあ大変なこともいろいろありましたが、その中で常に心がけていたことがあります。

失敗しても構わない。でも失敗を次に生かすこと。

続きを読む

ライティング・スローガン(4) 批判的な記事を書く上で覚えておいて欲しいこと

ある物を批判する、ある人を非難する。そんな記事は痛快で刺激的です。私も批判的な内容を含む記事は数多く書きました。ただし、絶対に守ったラインがあります。それは、「この品物に価値はない、買うべきではない」という結論を下さないことです。これには2つの理由があります。

続きを読む

ライティング・スローガン(3) 書く力をつけたければ、SNSで日記を書こう!

第3回は、ライターになるために必要になる、書く力を身につけるための訓練方法をご紹介します。まず答えから申し上げますと、「SNSなど友達が見ているところで日記を書く」です。基本的にはそれだけです。

続きを読む