ライトノベル「シグマニオン~超限の闘争」で初の書評に挑戦しました

【書評】山野辺一記氏のSF新作ラノベ「シグマニオン~超限の闘争」
http://www.inside-games.jp/article/2013/04/27/65998.html

作者の山野辺さんから、ライトノベルを書くという話を伺い、それならどこかで書評などを書けないものか……といろいろ当たってみた結果、「アニメ!アニメ!」というサイトをお持ちのインサイドさんで書かせていただけることになりました。石田賀津男“氏”などと書かれたのは初めてで背筋がムズムズいたします。

仕事で書評を書くのは初めてでしたが、面白さを端的にお伝えするという点で考えれば、ゲームのレビューと本質的には同じであろうと思っています。そのスタンスが正しいのかどうかはわかりませんが、Twitterの反応で「切り口がユニークで面白そう」などという反応がいくつかあったので、狙い通りに掴めたかなと思っています。Facebookでの反応の数が多いのは意外でしたが。

この調子で書評のお仕事もできればなーと思っています。でも書評を売れる媒体ってあるんでしょうか。電撃さんみたいな書籍の発行元が一番可能性がありそうですかね。ラノベだったら1日1本でも書きたい所存。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*