VRでシューティングを遊びたい気持ちをQUIZCATさんの作品で伝える

VRコンテンツを触れば触るほど感じる。こんなゲームやりたいな、あんなゲームがあればいいのに。そんな難しいことじゃないけど、アイデアがあれこれ沸いてくる。

今までのゲームはハードが進化してもそれは旧来の延長上にあったもので、VRは全く違う新世界を開くんだよ!的に熱く語る開発者の方を何人も見てきましたけど、いまさらようやくその気持ちがちょっとわかってきました。Unity入れたら作れるのよ、みたいな軽いノリも含めて、作ってみるのも面白そうだなあと思いました。

さておき、もっとVRのシューティングゲームをやりたいんです。先日ご紹介した「BLAST×BLAST」みたいなライド系もいいんですが、「The Lab」のXortexのように、コントローラーが自機になって、機体のスピードという概念がなく、プレイヤーの感覚どおりに避けられるシューティング。

何を言っているのかわからないという方は、QUIZCAT GAMESさんの作品をタブレットでプレイしてみてください。端末に指を滑らせると、そのスピードどおりに機体が動くシューティング。操作感が異次元によくて、過去遊んだシューティングの中で一番ストレスフリーで大好きなのです。Xortexはこれとすごく感覚が近いです。

追記:崩壊のダンガンウォールを遊んでもらうのが一番いいと思ったんですが、まだ配信していないみたいです。年内予定!ダンガンサーフも操作方法は同じだったはずなのでこちらでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*