信頼と実績のFEZイベントレポートの大変残念な裏側

「ファンタジーアース ゼロ メルファリア大感謝祭2012」開催
PC100台で「オフライン戦争」を実施。新要素「砲撃兵器」も発表
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20120827_555586.html

「コレ取材記事要りませんか? 要らなくても個人的に行きますけど」という提案が採用されて取材に行ってきました。取材じゃなかったら早朝から出撃してイベントに参加してゲーム内の友達と合流して飲み会になだれ込むところだったので、それはそれで毎度残念な気はしています。

というわけでガチ現役プレーヤーであるところのワタクシが、また無駄にしつこいんじゃねえのという記事を書いたわけですが。記事そのものは悪くないと思っているんですが。取材においては5年ぶり2度目の大失敗をしております。

お盆前くらいから取材の仕事をしていなくて、引きこもってやる系の仕事をこなしていたんですけど、そのせいか生活リズムが完全に夜型になっていて、この日も2時間くらいしか寝てませんでした。けどちゃんと起きて、長丁場のイベントに備えてしっかり飯も食って、きっちり開始30分前に会場のある有明に到着できる時間に出発。電車の乗り換えも2度ほどあって、1時間ほどかけて会場に到着しました。

で、気づいた。

カメラの機材が足りない。

前日、家で別の記事の撮影をやってて、それに結構手間取ったりしたもんで、カメラの機材をいつものバッグに入れず、ほうってあったんです。つまり現地にいるのに撮影ができねーわけです。しかもそれを会場に到着した瞬間に気づいたのです。アホですね。

……思いつく選択肢は3つ。

1. 往復2時間以上かけて家に取りに戻る

2. 近場の量販店でカメラを買う

3. スマホで撮る

5年前に同様の失敗をした時には、3で対応しました。携帯でズームが効かないんで、最高解像度で撮影して、後からトリミングして色味調整してシャープネスかけてと加工しまくって何とかすると。でも今回は会場が暗いので、いかにスマホのカメラが高性能化していたとしても力不足。よって3は却下。

2がおそらく最速かつまともなモノになるし、ややコンパクト目なマイクロフォーサーズが欲しかったのでいい機会といえばいい機会。でも買ってすぐのカメラは使い方もよくわからないし、電池が充電されてる保証もないし(基本的にはほぼカラのはず)、何より量販店の袋を下げて「今買ってきました」みたいな格好をするのもどうかと。よって2も却下。

1の問題は、イベントを2時間分もスルーして大丈夫かということ。今回は幸いなことに重要な発表が午後だったので、記事としての体裁は何とかなると判断。最初の行列やオープニングを撮影できないのは残念ですが……。

というわけで、この日は自宅と有明を2往復し、合計4時間以上、交通費も2000円以上使ったのでした。よい記者のみんなは、取材の準備は前日までにちゃんと済ませようね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください