高反発でも長持ち? ムアツのスリープ スパと2フォームを購入&比較


 妻が以前から腰を痛めやすく、新しい布団を探していました。元は普通の綿ふとんですが、やや薄めのものかもしれません。

 腰にいいのは高反発布団だと聞いて探してみた結果、ムアツふとんがいいのではということになり、最終的に「ムアツ スリープ スパ BASIC スタンダード Sp-2」と「ムアツ 2フォーム 100」の2つを購入しました。これを選ぶまでの紆余曲折と、安く購入した方法、寝心地の比較を書いていきます。

■高反発布団はへたりやすいらしい

 高反発布団は色々な会社から発売されています。有名どころだとエアウィーヴなんかがあります。10万円近くするものがザラにありますが、最近はアイリスオーヤマから2万円程度で購入できるものもあります。

 高反発布団は概ねウレタンフォームでできています。簡単に言うと「硬くて弾むスポンジ」という感じです。「柔らかくて押した形が残る」のは低反発で、こっちも布団として売られていますが、腰が悪い人には向かないというのが定説です(私自身が試したわけではないですが)。

 製品の情報を追っていくと、高反発布団には避け得ない問題として「へたり」があります。高い布団を買ったのに、腰のあたりが1年でへこんできてしまった、というような内容です。布団自体がへこんで形が変わってしまっては、快適に寝られないのは明らかです。

 高価な製品ならへたりが少ないのでは……と思ったのですが、どうも高いものでもダメなものはダメで、人によっては1年ほどで不満が出るそう。だったら安いものを買い換えていく方がいいんじゃないか、という人もいました。

 私もとりあえず安いものから試してみればいいと思っていたのですが、妻が「ムアツふとんを試してみたい」と言うので調べてみました。

■ムアツふとんとは?

 ムアツふとんは高反発布団の一種ではありますが、表面がデコボコしているのが特徴です。点で支えることで布団にかかる体圧を分散し、腰の沈み込みを防いだりするそう。デコボコがあると沈み込まないのは何でなのかはピンと来ませんが、既に50年近くのロングセラー商品なので確かな長所はありそうですし、何より実際に試してみた感覚を信じた方がいいでしょう。

 ムアツふとんは昭和西川の製品ですが、同じような製品が他にもあります。東京西川のAiRを始め、ナントカ西川のブランドでデコボコウレタンフォームの布団があります。細かい話は省きますが、今もムアツふとんという名前で売っているのは昭和西川のみで、他は改名したようです。

 ムアツふとんにもいろいろな製品があり、大きく分けて2層ウレタンの「ムアツ 2フォーム」と、3層ウレタンの「ムアツ スリープスパ」があります。また布団替わりにするものと、ベッド用のマットレスの2タイプがあります。私は布団タイプを使います。

http://muatsu.net/products/futon.html#futon

 早速、近くで試せる店を探したところ、埼玉県草加市に「昭和西川 草加ファクトリーアウトレット店」という店がありました。工場直売店のような存在で、特売品を除き、全品3割引で購入できました。もちろんムアツふとんも3割引。実際に寝て試せるスペースもありますし、店員さんもまるでデパートの買い物かと思うほど丁寧に説明してくれます。

■草加ファクトリーアウトレット店で試した3種類のムアツふとん

 店内で試せたのは、「ムアツ 2フォーム」の3種類。この店は「ムアツ スリープスパ」の販売店リストにないので、どうやら「ムアツ 2フォーム」だけを扱っているようです(というのは後で気づいたので、店で確認はしていません)。

 試せたのは「ムアツ 2フォーム 90」、「ムアツ 2フォーム 100」、「ムアツ 2フォーム 110」。それぞれ硬さが違うだけかと思いきや、「ムアツ 2フォーム 90」は布団が一体型で丸めて収納するのに対し、他の2つは3つ折りで畳めます。また「ムアツ 2フォーム 90」でも厚さが9mmでwebに載っていない製品もありました。

 寝心地は数字が大きいほど硬くなり、腰の沈み込みが少なくなります。高反発布団に不慣れなせいか、どれもまるで体育館のマットに寝るような感じですが、体が当たって痛いということはないですし、デコボコ感も思ったほどは気になりません。個人的には一番柔らかいのが快適かなと思いましたが、妻は2番目の「ムアツ 2フォーム 100」がいいそうで。

■ムアツふとんは3つ折りを選べばへたりにも強い

 店員さんに話を聞くと、おすすめは3つ折りタイプだそう。値段が高いからですよね、と言いたいのを我慢して理由を聞くと、3つ折りタイプは中のウレタンフォームを取り出せるようになっていて、場所をローテーションして使うことができるのが利点だそうです。

 ムアツふとんもウレタンフォームなのでへたりは必ずあるものの、一番へたりやすいのは腰に当たる部分で、3枚あるうちの真ん中。これを頭の方や足の方のものと入れ替えてやることで、へたりを均一化して長持ちさせる(腰の部分だけが先にへこんでしまわないようにする)ことができるのだそうです。

 じゃあ寿命はどうなのかというと、1枚もののムアツふとんで6~7年としながら、3つ折りをローテーションして使えば10年以上使う人もいるそうです。公式に6~7年と言っているのはかなり強気だと思いますが、他の高反発布団で聞くよりずいぶん長持ちな印象です。もちろん体重の重い人はへたりやすくなるのでしょうけれど、妻が使って1年でダメになるということはなさそうです。

 またムアツふとんは日光に当てるとウレタンが劣化するので、陰干しが基本。3つ折りタイプなら部屋の中でN字に折り曲げて立てておくだけでよく、毎日こうしておくだけでOK。綿布団のように埃も出なければダニの心配もなく、メンテナンスがとても楽なのもポイントです。

 なかなかよさそうだったので、「ムアツ 2フォーム 100」を購入。定価は59,400円ですが、3割引なので4万円強。通販で探し回っても、このくらい安くなっているところは滅多にないと思います。

■ウレタン臭がすごいものの、寝心地はかなりいい

 車の後部座席に積み込んで持ち帰ったのですが、その時点で気づいたのがウレタンの臭い。新車のような独特の臭いがかなりきついので、しばらくは陰干しです。2日ほどして私は慣れてきましたが、2歳の息子はまだ臭いを嫌がったので、私が別の部屋で寝て使ってみることにしました。

 臭いはボックスシーツをかけるとかなり軽減されます。寝てみるとやはりマットの上で寝かされている感じではありますが、沈み込みも適度で悪くない感じです。そのまま普通に就寝。

 朝起きてみると……というか夜中に目が覚めることなく朝に目が覚めた時点で私にとっては驚き。いつもより目覚めがはっきりしていて、心身ともすっきりしています。さらに私は重度の肩こり持ちですが、これもいきなり軽減されたのが感じられました。

 それから数日試して、体が慣れたのか初日ほどのインパクトはないものの、概ね快適な感じ。臭いも抜けてきたので妻に引き渡しつつ、私も1つ購入することにしました。

 もし妻の体に合わなかった時に交換できるよう、少し違う製品を選ぶことに。3層構造の「ムアツ スリープ スパ」では基本モデルとなる「BASIC スタンダード Sp-2」です。価格は64,800円でおよそ5千円ほど上がりますが、たまたまやっていた楽天スーパーセールで安いものを探し、あれこれ他の買い物もした結果、ポイント還元を含めておおむね3割引ほどで購入できました。

■「ムアツ スリープ スパ」の方が寝返りしやすい?

 数日後に届いた「ムアツ スリープ スパ BASIC スタンダード Sp-2」ですが、やはりウレタン臭がして即日は使えません。前回とは臭いの質が少し違いましたが、やはり2日ほど陰干しの後でボックスシーツをかけると、気にならない程度になりました。

 先に購入した「2フォーム」と比べると、横幅が6cmほど広くなっています。並べて初めて気づいた程度の違いですが。

 寝心地は、横になった瞬間はほとんど違いがわかりません。反発力が少し高くて、ゴロゴロしやすいかなと感じた程度です。どっちがいいかと言われても、正直どっちでもいいくらいの違いです。スペック上の硬さも1層目は同じなので、そんなもんでしょう。

 ただ数日使ってみると、ちょっと違いを感じました。「2フォーム」だと目覚めた時に上向きのことが多かったのですが、「ムアツ スリープ スパ」では横向きのことが多くなりました。たまたまかもしれませんが、「ムアツ スリープ スパ」は横向きでも肩の辺りがうまく沈み込む感じで快適です。より寝返りしやすいのかなと思います。

 また製品説明によると、「ムアツ スリープ スパ」は2層目に空気穴があり、従来品より通気性が高く乾燥しやすいそうです。汗っかきの私にはいいかもしれません。冬は逆に寒すぎるかもしれませんが、私は暑がりなのでむしろ歓迎です。実際は冬にならないとわかりませんが、すごく冷えるという評判もあるので、製品選びのポイントの1つになりそうです。

 あともう1つ、「ムアツ 2フォーム 100」にはパープルとグレーの2色がありますが、「ムアツ スリープ スパ BASIC スタンダード Sp-2」はベージュっぽい1色展開のようです。もっとも、シーツをかけてしまえばほとんど違いはわかりませんが。

長く使える高反発布団としてよさそう

 ムアツふとんが公称通りに長持ちするなら、品質も含めてかなりお得な製品だと思います。実際のところはもっと長く使わないと評価しきれませんが、今のところは寝心地も含めて満足のいく品質です。

 ただ慣れてくると、もうちょっと硬くてもいいかなという気はしてきました。また上位機種にはさらに弾性を増して寝返りしやすくしたものもあるので、そちらも試してから考える余裕があれば……という気もしています。もちろんお値段も上がりますが、たとえ10万円しても10年使えるならいいかなと。

 いきなり5万10万と出せないという人は、他のナントカ西川の類似品や、もっと他の会社の製品を試してみるのもいいと思います。「点で支える布団」辺りをキーワードに探すと類似品が結構出てきます。例えばニトリにも安く売っているので、試せる店を探してみるのもよいと思います。

 私は割とやせ型で、最近はうつ伏せで寝ると肋骨が当たるところが痛くて寝られないほどでしたが、これだとそういうこともなく快適なので、もうそれだけで救われたかなと思います。そこだけ何とかしたいなら、厚い布団なら何でもいいわけですけれども……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください